Season Map

季節を追いかけたエピソードを綴っています

【九重山】法華院温泉山荘に泊まって歩いた大船山、秋が凝縮された大景観を見せてくれた山旅

 

2018年10月21日(日)

九重山(くじゅうさん)に登ってきました。標高は1,791mあります。

 

九州本土最高峰の九重山に登るのはこれで3度目です。

九重山は九州を代表する巨大な山塊で、各ピークそれぞれが個性を持った素晴らしい山です。

今回登った大船山(たいせんざん)もご多分に漏れず、言葉にならない景色を見せてくれました。

 

 

九州遠征5座目の物語の始まりです。

続きを読む

【九重山】法華院温泉山荘に泊まった2日間、圧巻の紅葉を見せてくれた三俣山を歩く1日目の山旅


2018年10月20日(土)

九重山(くじゅうさん)に登ってきました。標高は1,791mあります。

 

九州本土最高峰の九重山に登るのはこれで3度目です。

これまでの2回とは異なる季節、そして登れなかったピークたちに足を運んできました。

 

九州遠征最後の山となった九重山は、とんでもない秋を見せてくれたのでした。

 

 

九州遠征4座目の物語の始まりです。

 

続きを読む

【阿蘇山】日本を代表する最高クラスの活火山、中岳~高岳に登る火の国への山旅

 

2018年10月19日(金)

阿蘇山(あそさん)に登ってきました。標高は1,592mあります。

 

阿蘇山と呼ばれる山頂はなく、一般的には高岳・中岳・烏帽子岳・杵島岳・根子岳の5つの山を総称して阿蘇五岳と呼んでいます。

 

今回は最高峰である高岳と、火口に最も近い中岳を目指して登ってきました。

 

言わずもがなこの阿蘇山を登るにあたっては、命の危険性を覚悟して登る必要があります。

風向きによっては火山有毒ガスが鼻・喉を直撃しますので、喘息持ちの方や心臓の弱い方は、慎重に判断をする必要があります。

 

 

命がけで快晴なる阿蘇山を登った、九州遠征3座目の物語の始まりです。

 

続きを読む

【韓国岳】大波池経由で登る霧島連山の最高峰、青空と火山を楽しむ九州2座目の山旅

 

2018年10月18日(木)

韓国岳(からくにだけ)に登ってきました。標高は1,700mあります。

 

日本百名山というブランドを持つ霧島山は連山ですが、おそらくはここ霧島連山の最高峰の韓国岳を指しているものと思われます。

とくに興味はなかったのですが、標高が1,700mということで、地元福島県の安達太良山と同じ標高です。

これは登らなければならないということで、高千穂峰を下山したその足で、そのまま登りに来ました。

 

 

九州遠征2座目の始まりです。

続きを読む

【高千穂峰】霧島連山の南端に突き出る『天の逆鉾』、秋晴れの中で歩く二百名山の山旅

 

2018年10月18日(木)

高千穂峰(たかちほのみね)に登ってきました。標高は1,574mあります。

 

またしても九州に登山旅行に来てしまいました。九州に来るのは3年連続3回目です。

 

毎回毎回、九州から元気をもらい、仕事の励みにしてきた僕ですが、今回も御多分に漏れず、今後の人生の励みとなる旅となりました。

 

 

九州遠征1座目の幕開けです。

続きを読む