読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Season Map

季節を追いかけたエピソードを綴っています

【燧ケ岳】東北地方最高峰から眺める尾瀬沼とそれらを彩る花々を愛でる、遥かなる真夏の山旅


2015年7月12日(日)

燧ケ岳(ひうちがたけ)に登ってきました。標高は2,356mあります。
一応ギリギリ福島県に属していますが、福島県出身の僕からしても地元感はなぜかゼロです。安達太良山や磐梯山の方が身近に感じます。

veryblue氏に誘われ、野郎4匹で登った夏の尾瀬を巡る旅が始まりました。

続きを読む

【巻機山】長く恋い焦がれていた女性的な山へ、錦秋に輝く黄金色の稜線を求める上信越第3弾の山旅


2015年10月12日(月)
巻機山(まきはたやま)に登ってきました。標高は1,967mです。
この週末は雨飾山越後駒ケ岳と登ってきましたが、この巻機山が上信越を締めくくる3座目となります。
巻機山には実は強い思い入れがあり、2年前からずっと登ってみたかった山であります。

実際に登ってみて、期待に違わぬ秀峰であることをしみじみと感じ、大好きな山の一つになりました。
広く、そして優しい姿を見せた巻機山の記録です。

続きを読む

【越後駒ケ岳】果てしない稜線の先に待つ魚沼の王、夕陽が染め上げる極上の秋を楽しむ上信越第2弾の山旅


2015年10月10日(土)

越後駒ケ岳(えちごこまがたけ)に登ってきました。標高は2,003mです。
別名魚沼駒ケ岳(うおぬまこまがたけ)とも呼ばれ越後三山の一角を成しています。

この山はコースタイムが非常に長い上に登山口から山頂までの標高差が1,000mあるので、厳しい山であることは間違いありません。
前日の雨飾山で疲弊した体に鞭を打って、長い長い闘いへと向かうのでした。

続きを読む

【雨飾山】五穀豊穣を願う神の山が魅せる布団菱の白肌と紅葉、日本海を眺める上信越第1弾の山旅


2015年10月9日(金)
雨飾山(あまかざりやま)に登ってきました。標高は1,963mあります。有給を取得しての平日登山です。
新潟県と長野県の県境に位置しており北アルプスよりも遠く、非常にアクセスしづらい山であります。

しかしながら辺鄙な場所にあることは全く苦に感じさせないほどの素晴らしい秋の芸術を見ることが出来ます。
秋を追いかけ上信越へ繰り出した記録です。

続きを読む

【日光白根山】夏の終わりを見届けて小さい秋を見つける、関東最高峰が魅せる絶景を拝む山旅


2016年9月10日(土)

日光白根山(にっこうしらねさん)に登ってきました。標高は2,578mです。
関東最高峰というブランドを持ち、絶景も拝むことが出来る山と聞いてはいましたが、ずっとずっと温めていた山でした。
というのも日光という位置的にも「いつでも行けるからいいや」と思い続けて、ずっと後回しにされてきたのでした。

登ってみたら噂に違わぬ名峰、もっと早くに訪れておけばよかったと後悔したほどの絶景が出迎えてくれました。
夏が過ぎ去り、秋色の風を見た山旅の始まりです。

続きを読む