Season Map

季節を追いかけたエピソードを綴っています

【男体山】眼下に広がる中禅寺湖の絶景、日光連山を掌握する神の山へ電車とバスで行く山旅


2017年5月20日(土)

男体山(なんたいさん)に登ってきました。標高は2,486mあります。

九州遠征から帰ってきてしばらくはゆっくりしようかなと思っていましたが、予定がぽっかり空いたことと、快晴予報が出たことにより、ずっと敬遠してきた男体山に登りに行くことにしました。


「男体山って辛そうだなぁ」
というイメージがあり敬遠していたのですが(実際は確かに辛かったけど)、それ以上に素晴らしい絶景が迎えてくれました。

2017年、初めて2,000mを超える山旅をどうぞ。

続きを読む

【九州】ぼくのゴールデンウィーク2017~九州本土と屋久島を満喫する8泊9日の旅~【まとめ】


2017年4月29日(土)~5月7日(日)

九州本土屋久島へ旅してきました。

本記事では8泊9日のまとめをお送りいたします。

続きを読む

【九州】ぼくのゴールデンウィーク2017~九州本土と屋久島を満喫する8泊9日の旅~⑦【白谷雲水狭編】

2017年5月7日(日)


白谷雲水狭(しらたにうんすきょう)を歩いてきました。

屋久島滞在4日間のうち、最初の3日間は全く天気に恵まれず観光に徹した3日間でした。

観光編はこちら↓

東京に帰らなければならない4日目にして、ようやく晴れ間が訪れました。しかしながら午後発のフェリーに乗らなければならないこともあり、時間を有効活用すべく、白谷雲水狭を歩いてきました。

屋久島と言えば縄文杉が一番に思いつくかもしれませんが、僕は白谷雲水狭が一番好きです。


唯一の晴れ間に歩いた安定の白谷雲水狭トレッキングの始まりです。

続きを読む

【九州】ぼくのゴールデンウィーク2017~九州本土と屋久島を満喫する8泊9日の旅~⑥【屋久島上陸編】


2017年5月4日(木)

屋久島(やくしま)へ行ってきました。

九州本土を旅していく中で、祖母山、傾山、九重山、開聞岳と登ってきたわけですが、GWの残り4日は屋久島でゆっくり過ごすことにしました。

過去3回訪れている屋久島ですが、何度行っても飽きることはなく、また行きたいと思える不思議な場所です。

そして、九州本土の旅は寂しい1人旅でしたが、屋久島から仲間が増えました。


身体に鞭打ってきた前半の旅とはがらりと変わったスロートリップの始まりです。

続きを読む

【九州】ぼくのゴールデンウィーク2017~九州本土と屋久島を満喫する8泊9日の旅~⑤【開聞岳登山】


2017年5月3日(水)

開聞岳(かいもんだけ)に登ってきました。標高は924mあります。

薩摩半島の南端に位置する開聞岳ですが、地図で見ても裾野の部分がボコッっと飛び出ています。


また、薩摩富士とも呼ばれる均整の取れた山容は、横から見てもボコッっと飛び出ていて、とても惹かれるものがあります。

実は屋久島に過去3回訪れている僕ですが、屋久島行のフェリーに乗るたびにそのコンパクト富士は気になっていました。


九州本土遠征の有終の美を飾るべく、海に浮かぶ山に登ってきたロマン旅行の始まりです。

続きを読む