Season Map

季節を追いかけたエピソードを綴っています

【十勝岳】硫黄臭漂う現役の活火山、豪華絢爛な花ロードと富良野岳への惑星稜線、対照的な雄峰を巡る超A級周回コースの山旅


2017年7月27日(木)

十勝岳(とかちだけ)に登ってきました。標高は2,077mあります。

面積3,600㎢の十勝平野を城下町に据える、十勝連峰の最高峰であります。

2016年の大雪山~トムラウシ山縦走で見た十勝連峰は、それは風格ある火山でした。

ひょんなことから富良野岳への縦走も叶えることができた北海道遠征登山で、北海道の山岳規模は規格外であることを今年も体感することが出来ました。

2017年の夏山本格始動です。

続きを読む

【草津白根山】ワタスゲとコマクサに癒されて湯釜を眺めるトレッキング、夏の草津で温泉を満喫する山旅


2017年7月8日(土)

草津白根山(くさつしらねさん)に登ってきました。標高は2,160mあります。

草津白根山の目玉は湯釜であることはもちろんですが、厄介なのは「噴火警戒レベル」が設定されていること。

2017年6月に噴火警戒レベルが2から1へ引き下げられたことに伴い、湯釜を見に行く事に加え、夏の時期に咲き乱れる高山植物の女王「コマクサ」を見に出かけてきました。


夏山が始まったことを肌で実感したとても良い旅でした。2017年夏は、ここ草津から始動したのでありました。

続きを読む

【甲武信ヶ岳】長野から山梨へのテント泊縦走、雲海の果てに浮かぶ富士山と艶やかなシャクナゲを楽しむ1泊2日の山旅


2017年5月27日(土)~28日(日)

甲武信ヶ岳(こぶしがたけ)に登ってきました。標高は2,475mあります。

甲州・武州・信州の3国に跨る山であるため、それぞれの頭文字をとって甲武信ヶ岳と名付けられています。

この時期の甲武信ヶ岳はシャクナゲが咲くのでそれを目的にしていますが、単にピストンではつまらないだろうということで、長野県側から入って山梨県側へ抜ける縦走プランで登ることにしました。

また、信濃川の源流が甲武信ヶ岳に存在することも大きなポイントです。


野郎3匹(Veryblue氏さく兄、くま)で甲武信ヶ岳を心行くまでしゃぶりつくした愉快な山旅の始まりです。

続きを読む

【男体山】眼下に広がる中禅寺湖の絶景、日光連山を掌握する神の山へ電車とバスで行く山旅


2017年5月20日(土)

男体山(なんたいさん)に登ってきました。標高は2,486mあります。

九州遠征から帰ってきてしばらくはゆっくりしようかなと思っていましたが、予定がぽっかり空いたことと、快晴予報が出たことにより、ずっと敬遠してきた男体山に登りに行くことにしました。


「男体山って辛そうだなぁ」
というイメージがあり敬遠していたのですが(実際は確かに辛かったけど)、それ以上に素晴らしい絶景が迎えてくれました。

2017年、初めて2,000mを超える山旅をどうぞ。

続きを読む

【九州】ぼくのゴールデンウィーク2017~九州本土と屋久島を満喫する8泊9日の旅~【まとめ】


2017年4月29日(土)~5月7日(日)

九州本土屋久島へ旅してきました。

本記事では8泊9日のまとめをお送りいたします。

続きを読む