読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Season Map

季節を追いかけたエピソードを綴っています

【屋久島】ぼくのなつやすみ~5泊6日の一人旅③車でぐるっと観光~

九州 屋久島 一人旅 観光 島旅

2010年9月1日(水)

縄文杉に会いに行くために、3時半に目覚ましセット。

目を覚まして時計を見て愕然とした。4時半だった。なんで?!なんで?!

携帯を見ると着信が10件ぐらい来ている。宅配弁当屋さんだった。

 

寝坊したんだね、僕は。。

あきらめてもう一度布団に潜り込んだ(オイ)。

 再度目を覚ましたのは7時。ぐっすり寝ました。宿のロビーに行くと顔なじみのメンバーが数人いた。みんな僕のぼさぼさ頭を見て寝坊したことに気付いたらしく、

( ゚Д゚)「あれ?縄文杉に行くんじゃなかったっけ?」ってわざとらしく聞いてきました。

まぁ寝坊したのは仕方ないので、今日は一日ドライブすることに。ということでレンタカーを9~18時で予約しました。

屋久島をドライブするときににはコツがあります。

僕のオススメは反時計回りで回ることです。おそらくレンタカー屋さんとかでも、同じように勧められると思います。

理由の一つには、西部林道を下りで運転できることが挙げられます。

西部林道は道が細くて、すれ違いに難儀するケースがあります。また、ガードレールが一部存在しないポイントもあったりします。

またサルやシカがうろうろしている中、運転に慣れてない旅人の方や学生さんも多くいると思いますから、安全運転第一で反時計回りをオススメします。

さて、屋久島には滝が多く存在しますが、本日紹介するのはひとつだけにします。

大川の滝(おおこのたき)。落差88mの屋久島最大の滝です。

目の前で見ると、水の轟音のすごさよ。

 

滝つぼの近くまで行くことができますが、岩が水滴でツルっとしますので、最大の注意を払ってください。

 

さて、ようやく本題です。

今日ご紹介したいのは、みなさんも気になっているであろう、

 

混浴温泉エリアです。温泉は二つあります。「平内海中温泉」「湯泊温泉」です。

 

本日は「平内海中温泉」をご紹介します。

この温泉の特徴は、一日の中で入れる時間が限られているということ。具体的に言いますと、干潮の時間しか入れません。干潮は1日に2回訪れますが、12時間周期ですので、僕の行った9月の時期だと、深夜2~4時と午後14~16時頃が干潮でした。深夜に入るチャンスはありませんでしたので、入るとすれば必然的に15時頃になるかと思います。

ルールが書いてありますので、ちゃんと守って入りましょう。水着着用はNGです。女性はバスタオルをまくことは許されるらしいが、申し訳ありませんが脱衣所はありません。岩陰に隠れてこそこそ服を脱いで入ってください。

これは12時半頃の写真。この日は波が高く、温泉まで海水が流れてきてました。

いったん干潮まで待とうと思い、


近くのカフェでハンバーグを食べました。郷土料理もいいけど、こういう日常の味もやっぱりうまい。

 

さて、14時頃になりましたので、海の様子はどんなもんかと再度見に行ってみました。

お、ちょっと湯船の枠が見えてるやん!これなら入れそう!

ってか入っている人もいるじゃん!これは心強い。

 

こういうとき男でよかったなって思う。岩陰に隠れることもせず、堂々と服を脱いで海辺の温泉に入りました。

冷たっ!!

 

やはり波が高く、ちょいちょい海水が侵入してきては、水温を下げていました。

それでも温泉につかっているだけで気分は気持ちいいものです。しかも目の前には海が広がります。少しずつ体も水温に慣れてきて、極楽や~と思い始めたころ。

波がゴロゴロ言い始めたんです。なんだ?雷か?と思いましたが、そんな様子もなく「気のせいか」と思ったらまたゴロゴロ・・・

なんだこの胸騒ぎ。。いやな予感がする。水温のせいなのか、胸騒ぎのせいなのかわかりませんが、急激に鳥肌が立ち始めました。すると、

ポツ・・・

   ポツ・・・

ザーーーーーーーーーーーーーーッ!

 

あーーーー!さっき脱いだ服がーー!!!デジカメがーー!!携帯がーーー!!!

さすが雨の島。急いでパンツだけ履いて車にダッシュ!!

車に乗り込んで数分すると、雨はやみました。なんやねん・・・。

いまさら戻って再度入る気にはなりませんでしたので、そのままタオルで身体を拭いて、ドライブを続けることにしました。。

若干テンションは落ちてしまったものの、先ほどの雨は嘘のように感じられる青空。

とんだハプニングに見舞われましたが、屋久島ならではの経験ですね。





かつて西郷隆盛も上陸していたらしい。

 

ここでカメラが雨のせいか、不調になり写真を撮ることができなくなる事態が発生。

とりあえず乾かしつつ、主だったところは回ることができたので、車を返却。

宿に戻った時にはカメラも復活したので一安心でした。

この日の夜も、みんなでご飯を食べに行くことに。お寿司屋さんの「いその香り」。

tabelog.com

お値段はちょいと高めですが、めちゃくちゃうまいです。

お店の女将さんが少々ぶっきらぼうでとっつきにくいところはありましたが笑、味は折り紙付きです。女将さんがネタを一つ一つ説明してくれたんだけど、聞いたことない魚の名前ばかりだった。当然何一つ覚えていない。

 

 

寝坊から始まったドライブ一周観光でしたが、ゆっくり回っても一日もあれば十分堪能することができます。

 

トレッキングや沢登りに疲れたら、海を眺めながらカフェでゆっくり過ごすのもまたオツです。

翌日はいよいよ縄文杉。絶対に3時半に起きるんだと決意を固くし、布団に潜り込みました。

 

※ちゃんとお弁当屋さんには電話でお詫びいたしました。笑

 

4日目はこちら↓

map.erokuma.pink

 

屋久島の地図はこちら

山と高原地図 屋久島 宮之浦岳 2016 (登山地図 | マップル)

山と高原地図 屋久島 宮之浦岳 2016 (登山地図 | マップル)