読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Season Map

季節を追いかけたエピソードを綴っています

【瑞牆山】そそり立つアイツに会いに行こうぜ!真夏の奥秩父の山旅

2013年8月17日(土)

瑞牆山(みずがきさん)に登ってきました。標高は2,230mあります。

岩がゴロゴロしていて、都心からも比較的アクセスしやすいし、コースタイムもさほど長くはないので、人気の山です。

ラピュタのような景色が僕を出迎えてくれました。

真夏だし、早めに登っておかないと雲がもくもく出てきてしまうため、レンタカーを手配して行ってきました。朝の4時前には都内を出発して中央道を突っ走り、7時半頃に駐車場に着きました。

すでに標高が1,500m程度ありますから、あと700mぐらいは登る必要があります。標準的な高低差かと思われます。

7時50分。アタック。

まず最初のチェックポイントは富士見平小屋ですね。

途中で林道にぶつかったりします。

しばらく歩いてみるとベンチが登場しました。ちょうど身体もあったまってくる頃なので、1枚脱いでもいいと思います。僕もここで1枚脱いで体温調整しました。

小屋らしきものが見えてきました。これが富士見平小屋かな。

スタートから30分で富士見平小屋に到着。富士見平のくせに富士山は見えなかった。

瑞牆山は特徴として岩がゴロゴロしています。登山道にも敷き詰められているぐらいです。

一番左の岩が、、すごいエロイですね。こんな風に見えてしまう僕は心が汚れているのか。

富士見平小屋から30分で天鳥川というポイント。僕は20分で着きました。

こんな風に岩がゴロゴロしています。他の山と比べると確かに多いね。

小枝に支えられないと転がってしまう岩まであります(嘘です)。

男心をくすぐる階段。階段って歩幅が制限されるから登りにくい反面、標高差は稼げるから嬉しい。

所々で急峻な坂道がありますが、長くは続かなかったように思います。

無理やりロープを使わせようとしてくる箇所がありましたが、心もとなすぎるので使いませんでした。

せっかく買ったので、10秒でチャージ!!

ゴーロゴーロ。

天気には恵まれたようです。やはり夏は早朝に登山するに限る。

あ、さっきのエロイやつだ!真下から見上げるとこんな感じなんですねぇ。

めっちゃそそり立っています。

岩がでかくて、なかなか歩きづらいです。ここは体力の削られる部分かと。

岩にもマーキングがしてありますので、見落とさないように。普通はテーピングだけど、瑞牆山は岩にマーキングが多かったように思います。

まだ9時半前だっていうのに、雲がーーー!!!早く登らねば!

あと10分ふんばる!フル馬力で登っていきます。

ただ単に木に括りつけてあるだけのロープは非常に心配ですが、ここは使わないと登れなさそうです。みなさんも3点確保で行きましょう。

この梯子が見えてきたら山頂はもうすぐ。さぁ素晴らしい景色を見せてくれ。

この光の先にあるものは・・・

9時29分。山頂

岩がポコっとあって、そこから見える絶景は、雰囲気は少しだけ屋久島の太鼓岩に似ている。


雲が僕より下にいて安心。いい眺めだ。優しい風が僕を撫でていく。

あと1時間もすればこの雲たちで視界が遮られていたかもしれません。よかった。

標識ゲッツ。岩に立っているため、他の山よりも高度感を味わうことが出来ます。

遠くには富士山も見えました。3年前に登ったっけなぁーと干渉に浸る。

 

map.erokuma.pink

 


遠くに見えるのは八ヶ岳かな?まだこのときは八ヶ岳に登ったことがないので自信がないが、気分は爽快。


この眺めを見ながら、ラーメン食べました。10時前だけど、昼食なのかこれは。

遠くには金峰山五丈岩も見えました。まだ山頂は空いていたので、1時間ほど快晴の下お昼寝をしてから下山しました。基本的にピストンになろうかと思います。


帰りには富士見平小屋に寄って、コーヒーをゆっくりいただく時間も確保できました。山で飲むコーヒーは一段とおいしいね。


ちなみに富士見平小屋の近くには湧水があります。冷たくてとても美味しいですよ。水をがぶ飲みで一気飲みして、顔を洗ったりしました。

駐車場には12時半に戻ってきたので、約2時間ぐらいで下山したことになります。そこまで標高差もなかったから、足腰にも優しい登山です。

増富の湯で汗を流して、またお昼寝をしました。ちなみに、富士見平小屋では増富の湯の割引チケットを配布しています。

↑コレ。マスターに声をかければもらえるので、ぬかりなくもらっときましょう。



帰りは夏の風景に癒されながら、ゆっくりドライブをして東京へ帰りました。途中でひまわり畑に寄ったけど、名前は忘れてしまいました。

 

登山道は岩ばかりで登りにくい印象を持たれたかもしれませんが、コースタイムが短いことは救いです。

都心からアクセスがしやすいこと、標識もしっかりとしていること、人気の山なのでひともたくさんいることを考えると、高尾山や筑波山の次のステップとしては候補に挙げてもいいかもしれません。

山頂の景色も高度感抜群ですから、次の山に悩んでいる人は、ぜひ検討の一つに入れてみてください。

 

↑そそり立つこいつを見たいという変な理由でもいいと思いますよ。

 

瑞牆山の地図はこちら

山と高原地図 金峰山・甲武信 2015 (登山地図 | マップル)

山と高原地図 金峰山・甲武信 2015 (登山地図 | マップル)