読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Season Map

季節を追いかけたエピソードを綴っています

【大菩薩嶺】有給休暇を取得しての平日登山、都心からも行きやすくお手軽2,000m峰を味わえる山旅

登山 関東 日本百名山 日帰り登山


2015年4月27日(月)
大菩薩嶺(だいぼさつれい)に登ってきました。標高は2,057mあります。
僕は冬山はやらないので、2015年の登り初めは塔ノ岳(記事にはしていません)でした。それに次いで2回目となります。

都内から近くアクセスもしやすいのに、ずっと来る機会に恵まれなかった大菩薩嶺。
天気のよさげな平日に有給を取得して、ソロでまったり登ってきました。

 

アクセスは2通りあって、塩山駅(えんざんえき)からのバスか、甲斐大和駅(かいやまとえき)からのバスになります。僕は甲斐大和駅からいく事にしました。

サラリーマンが都心に向かうところ、逆走する快感に浸りながら、8:00過ぎに甲斐大和駅に到着。

駅前のバス停から登山口である上日川峠(かみにっかわとうげ?)までバスが出ていますのでそれに乗ります。確か運賃は1,000円ぐらいだった気がする。

ちなみに平日のダイヤが土日とは違うのでご注意を。

平日というのにバスは満席。大菩薩嶺の人気ぶりがうかがえます。

1時間弱で到着しました。帰りの時刻表もチェック。14時発のバスに乗れたらいいかな。

起点となる上日川峠。ベンチが整備されていて、ここで準備をしました。

小腹がすいていたのでパンを食べながら準備体操。

上日川峠にはロッジ長兵衛があります。僕は食べなかったけど食事も取れるのかな?

9:15。アタック開始します。

今回のルートはこちら。往路はピンク。復路は青です。コースも様々なので、体力にあったコースを選びましょう。

登山者がたくさんいましたが、ゆっくりしていたら僕が最後尾になってしまいました。

足慣らし的な道が続きます。2015年2回目の登山の僕にも優しい。

まだ冬枯れといった印象が残りますね。

15分ほど歩くと、福ちゃん荘が見えてきました。ビビりな僕にとっては、こういう人工物が見えると安心する。

福ちゃん荘の主でしょうか。布団を干していました。

日帰りできる山だけど、こういう山荘でグダグダして味わうのもしてみたい。

バッジがたくさん売っていました。

水場もありましたが、2L以上汲む場合には山荘に一声かけましょう。僕は1.9Lぐらいで止めておきました。

山梨と言えばほうとうですよね。そのほうとうで使うキノコが干されていました。山荘でふるまわれるのかしら。食べてみたい。

この山荘で1,720mあるようです。あと登るべきは300mか。

立派な佇まいです。きっと週末はにぎやかなんでしょうね。

福ちゃん荘から少し進むと分岐にぶつかります。僕は左に折れて、カラマツ尾根を登ることにしました。

カラマツ尾根というからにはカラマツがあるのかしらね。

木に詳しくないからわからない。。カラマツって葉っぱがついてないとわからないや。笑

少しずつ太陽も真上に近づいてきて、明るくなっていました。

振り返れば遠くに雪をかぶった山並みが見えました。南アルプスでしょうね。まだこの時点では行ったことないから「南アルプスかな?」ぐらいにしかわかりませんでした。

歩きやすい登山道です。少し汗ばむぐらいでちょうどいい気温でした。

富士山も見えました。山頂付近に雲がまとわりついています。

手前の湖は大菩薩湖かな?晴れているのに霞のせいで写真だと富士山が薄くしか見えない。肉眼ではしっかり見えたのだけども。

10:17。雷岩というポイントに到着。

雷岩から左に折れると大菩薩嶺右に折れると大菩薩峠に行くことができます。まずは左に行って、大菩薩嶺へ。

大菩薩嶺登頂10分ぐらい歩いたらあっさりつきました。


展望は一切ありませんので、写真だけ撮って再び雷岩へ。

10:32。先ほどよりも霞が増しています。でも青空はやはり気持ちがいいです。


大菩薩峠の方が展望が良いのでそちらでお昼を食べることにします


途中の広い休憩ポイントでカップルがお昼寝していました。気持ちいいだろうなぁ。

僕も軽く休憩を挟みました。

霞んでいてわかりづらいけど、真ん中の白い部分が多い箇所が、北岳・間ノ岳・農鳥岳だと思う。この三山の縦走には2016年9月に挑んでいますが、撤退しています。

大菩薩峠へ向かう稜線。お家を出て5時間ぐらいでこの場所に立てます。

ちょうど標高2,000mらしいです。塩山市の粋な計らい。

んー、気持ちがいいですね。平日というのがまた快感を増幅させてくれる。

振り返れば歩いてきた道。2,000mの稜線をこんなお手軽に歩けるなんてお得ですね。


とても人気の山であることに頷けます。


南アルプス方面は相変わらずの霞み具合ですが、春だから仕方ないですね。

11:09。介山荘に到着。

大菩薩峠登頂。大菩薩嶺よりも低いけど、大菩薩峠の方が展望がありますし、休憩スペースも充実しています。

お昼ご飯を撮ることにしました。ご飯はカップラーメンとお家で握ってきたおにぎりとゆで卵。

絵的に汚いので載せませんが、カップ麺の残り汁におにぎりとゆで卵を入れて食べるのが当時の僕のマイブームでした。汁も捨てなくて済むしね。

靴を脱いでしばらくリラックス。


あたりをブラブラ。約1時間、ゆったりと休憩を取りました。

さて、上日川峠まで下山することにします。石丸峠経由で帰ります。

こちら側も気持ちのいい稜線が広がっています。奥は小金沢山とかかな?

どっかの牧場みたいですね。牛とか馬とか出てきそう。

あー!いいね!いいね!!こういう道大好き!

ここからさらに奥に進めば小金沢山に行けますが、今日は残念ながら帰りますので、右に折れます。

平日だから人が少なかった分、少しビクビク歩いていましたが、標識が充実しているので安心ですね。もちろん地図も持っています。

後ろ髪引かれる思いで下山開始。また来るよ、バイバイ。

12:37。標識があるのはありがたいのだけど、熊は出ないでほしい。マジでビビりだからやめて。

少しだけ林道歩きがありました。

すぐさま下山道分岐がありましたので、そちらへ折れます。なんか熊出てきそう。。


12:52。小屋平に到着。じつはこの小屋平からもバスに乗ることができますが、ほとんどの人が上日川峠から乗ってくるので、座れなかったら嫌だと思い、熊の恐怖に怯えながらあと30分歩くことにしました。

頼むからなにも出ないでくれよ。この日、このコースはまるで人がいなくて選ばなきゃよかったと後悔。

異常なまでのビビリな僕は、この沢の水音にも恐怖を感じる。登山に向いてないメンタル。

怯えながら恐る恐るわたる。

まだ着かないのかしら。。自然と足早になる僕。

13:10。上日川峠に着きました。コースタイム30分のところ18分で歩きました。どんだけ怖かったんだよ、情けない。早歩きしたせいで、バスの待ち時間が長くなってしまいましたが14時のバスに無事乗車。


帰りはやまとふれあいやすらぎセンターで天目山温泉に入ることにしました。ちなみにバス利用の場合、この温泉を利用することを告げれば、温泉が200円引きとかになります。バスの運ちゃんが割引券をくれますので、ぬかりなくもらっておきましょう。

あれだけ晴れていたのも15時を過ぎると怪しい雲に包まれていました。

お風呂から上がったらビール。今日は電車とバスだからいいでしょ。

山菜うどんを食べました。

ちなみに外でも食べれますが、先ほどの怪しい雲が雨をもたらしたので、我慢して中で食べました。

小さいですがお土産も売っていました。


休憩所も充実しています。

アイスを買ってだらだら食べながらバスを待ちました。


16時過ぎ、バスの時刻が迫ってきましたので温泉に別れを告げ、目の前にあるバス停に向かいます。

バス停に路線図書いてあったんだけど、これ読める人いるの?僕には見えない。心がきれいな人にしか見えない路線図かしら。

16:30。甲斐大和駅に到着しました。

電車が来るまでホームで遊んでいました。写真を撮っていたらおばあちゃんにクスクス笑われました。

18:55。新宿。僕の楽しかった有給休暇が終わりました。また明日から仕事ですね。

 


近い距離にあるのに、なかなか行くチャンスに恵まれなかった大菩薩嶺。
行ってみたら手軽に2,000mの稜線を歩ける力を持つ素晴らしい山でした。
温泉にも入ったのに新宿に夜19時には戻ってこれるし、初心者でも短いコースを選べば十分楽しめる山だと思います。


小金沢山まで歩いてみたい気もしたし、福ちゃん荘に泊まってほうとうも食べてみたい。
老若男女みんなが安全に楽しめます。僕もまた季節を変えていってみたいと思います。

 

大菩薩嶺、ありがとう。

 

大菩薩嶺の本当の地図はこちら↓

山と高原地図 大菩薩嶺 2017 (登山地図 | マップル)

山と高原地図 大菩薩嶺 2017 (登山地図 | マップル)