読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Season Map

季節を追いかけたエピソードを綴っています

【仙丈ヶ岳】南アルプスの女王のお膝元で眠る、テント泊デビューを飾る輝く真夏の山旅


2015年7月31日(金)
仙丈ケ岳(せんじょうがたけ)に登ってきました。標高は3,033mあります。
北海道遠征から帰ってきて、夏休みが余っていた僕は、南アルプスに初めて足を踏み入れることになりました。
そして、テントを購入したての僕は、初めてテント泊を試みることにしました。

夏の風をまとう南アルプスの女王は美しい景色を見せてくれました。

7月30日(木)

20時、夏のモワっとした空気が漂う新宿駅。新宿駅から出発する最終バスに乗って甲府駅に向かう予定です。

テントや寝袋を詰め込んだ70Lザック。とても重くて重くて背負ってられません。

深夜0時を超えたころ、甲府駅に到着です。武田信玄像にまずはご挨拶です。

登山口へ向かうバスが出発するのは午前4時過ぎなので、甲府駅前のベンチで一夜を明かすことにします。

ちなみに仙丈ケ岳に登るついでに、その翌日には甲斐駒ケ岳にも登っているのですが、その2つの山はこの辺にあります。異論は認めます。

 

7月31日(金)

朝4時。むくりと起きだすと、いつのまにか登山口行のバス停に人だかりが出来ていました。みんなどこで時間潰してたんや…?

まずは甲府駅→広河原まで2時間バスに揺られて向かうことになります。片道2,000円程度です。広河原には6時半頃に到着しました。たくさんの人がうようよしています。

なぜかというと、仙丈ケ岳に登るためには、ここ広河原からさらにバスに30分程度乗って北沢峠まで向かう必要があるためです。

7:25。北沢峠にようやく到着しました。

ここ北沢峠から10分程度歩くとテント場がありますので、そこまでてくてく歩いていきます。

テント場に到着です。すでにたくさんのテントが張られていました。

僕も奥の一角を陣取りました。夢のマイホームです。さて、テント設営も完了したところで大きな荷物はこのテント内に放置して、アタックザックで仙丈ケ岳へ向かうことにします。

9:00。南アルプス仙丈ケ岳へのアタック開始です。

ちなみにこの日、そして翌日はこんな感じで歩きます。ピンクが往路、青が復路です。


はじめは樹林帯が続きます。アルプスって響きはキラキラ聞こえますが、南アルプスは樹林帯が長いことで有名(?)です。

野宿そして長時間のバス移動というバッドコンディションにより、身体がなかなか言うことを聞いてくれませんので、ゆっくりゆっくり歩いていきます。

この日の天気は良好。木々の間から差し込む光が、緑色を際立たせています。

遠方には雲がもくもくと立ち込めていますが、大きな崩れはなさそうなので一安心です。

9:45。4合目に到着です。ゆっくり歩いているのにも関わらず、調子はいまひとつ。

マルバダケブキ?

太陽の力を全身で浴びようと、花々が光を迎え入れています。

10:00。大滝頭。ここで左右の分岐点がありますが、どちらからアプローチしても山頂には到着です。今回僕は左側を選択しました。

アキノキリンソウ

レンズフードが写ってしまっていますが、ようやく森林限界です。出発から1時間半かかりました。もう疲労困憊です

ハクサンフウロ

10:43。小仙丈ケ岳に到着。標高は2,864m。実はこの1週間後に登りに行った中央アルプスの空木岳と同じ標高です。

小仙丈ケ岳の向こうに、モノホンの仙丈ケ岳を捉えることが出来ます。

女王「仙丈ケ岳」に挑発的なポーズをとってはみたものの、ウェアが緑色でかぶってしまった。そして相変わらずレンズフードがうざい

中学生っぽい団体が山頂方面から歩いてきました。すでにピークハントした後でしょうか。小さいころから女王に仕込まれて大変だなぁ。なんてゲスいことを考えていました。

イワギキョウかな?

これから登っていくべき登山道の左側に見える傾斜、これが有名な仙丈ケ岳のカールです。それはとても大きく、自然そのままがむき出しになっていることを感じられます。

11:07。もう山頂っぽいピークは見えているにもかかわらず、いまだに8合目というげんなりする情報。まったく身体がついてこず、ぜぇぜぇはぁはぁ喘ぎながら登っています。

「あと少し、がんばれ!」という中学生が書いた看板に励まされます。今一度気合を入れなおして登っていきます。

夏雲がもくもくと生成されています。ペースを上げたいけど、身体が言うことを聞かずマイペースでいく事に。

西側の斜面を見下ろすと、仙丈小屋が見えました。地図には「8月上旬~中旬に水は枯れることがある」と書いてありました。この日はとても暑く、水の消費が半端ではなかったので、枯れていないといいなぁと少し心配。

ようやく写真中央に仙丈ケ岳のピークを捉えました。

米粒みたいに人が経っているのが確認できます。雲のスピードに追い付くことはできそうにありませんが、風で流れては消えているのでそんなに心配はしていません。

イワツメクサ

そして11:34。出発から3時間半で、ようやく・・・

仙丈ケ岳登頂。2015年最初で最後の3,000m峰です。

僕はスントのベクターを使用しているのですが、標高は5m刻みなので、とりあえず3,035mに合わせておきました。

もくもくと沸き立つ雲によって、周りの山並みは確認することはできませんでした。


ときどき雲が切れてくれて遠くまで見渡すことができます。何も遮るもののない視界は、高度感を味わせてくれます。

コースタイム4時間半のところ、3時間半で到着した模様です。自分にはゆっくりマイペースで歩こうと言い聞かせていたのに、いつのまにかオーバーペースになっていたようです。そりゃばてるわけだ。。ということで、靴を脱いでリラックスタイム。

うまいこと標識のバックが晴れてくれていたので、1枚パシャリとして下山することにします。とにかく初めてのマイホームデビューの日なので、テントでグダグダしたい思いが抑えられませんでした。

イワギキョウ

雲の中を突っ切って下山していきます。ライチョウもまだ見たことがなかったし、ライチョウは天気が悪くなると出て来るらしいので、期待していましたが、この日は見ることが出来ませんでした。

先ほど稜線上から見えた仙丈小屋を経由して下山します。

チングルマ

ヨツバシオガマ

チングルマ


イワカガミ


お花鑑賞をしながらてくてく歩いていたら、12:29に仙丈小屋に到着。

水は枯れていませんでした。一安心です。せっかくのナマの「南アルプスの天然水」なので、500ml一気飲みして体力回復させました。小休止のみを挟んで再出発です。

カラマツソウ

キバナシャクナゲ


ハクサンフウロ


遠目でよくわかりませんが、黄色い花がたくさん咲いていました。何の前情報もなく仙丈ケ岳を訪れましたが、お花もたくさん咲いているんですね。

13:02。馬の背ヒュッテ到着。小屋のご主人っぽい人と少しだけ会話をして再出発。

さて、北沢峠まであと1時間半程度のところまで来ました。そして下山をしていたらようやく身体の調子が出てきましたが、今頃遅いっつーの。まったく。

ミヤマコゴメグサ

標識も充実しています。ましてや英語に加えて韓国語みたいな言語も表示されています。仙丈ケ岳はグローバルクイーンだったんですね

南アルプスの天然水が織りなす沢を渡って北沢峠へ向かいます。

またいでくださいと書くぐらいなら、鎖をとっぱらった方が早い気がするのは僕だけかしら。

トリカブト

お花鑑賞をする余裕も出てきたので、さっき汲んだばかりのキンキンに冷えた水を飲みながら小休止。

そしてもくもくと歩き続けていくと、下山完了する直前に「北岳みはらし台」なるものがあるらしいので寄ってみました。しばらく歩くと行き止まりっぽくなるので、そこで指定された方向を見上げると、、

・・・("^ω^)・・・

全然見えないやんけ!僕の5分を返せや!!

ということで文句をぶつぶつ言いながら、14:20下山完了。


ナデシコ
を愛でた後、テント場に併設されている長衛小屋に寄るとビールの看板がありました。しかも、僕が一番大好きなエビスとは。。

葛藤しましたが、ビールは明日の甲斐駒を下山したら飲むことにしようと思い、我慢しました。

ということで炭酸パワーを注入するために、コーラにしました。下山後に飲む炭酸は激ウマ過ぎて、一瞬意識がどっかに飛んでしまうぐらいエロイんです。

コーラを飲みながら他のテントハイカーの様子を伺います。みんな思い思いに過ごしています。

お腹が空いて仕方なかったので、フリーズドライの野菜スープでお腹を満たします。

その間にもう一度お湯を沸かして、カレーを食べました。下山後の食欲はマジで異常。

隣のグループを観察していたら、MAKUHARIと書かれたジャージを着ている男性がいました。幕張あたりの高校の部活でしょうか。いいなぁ。青春だなぁ。


ここのテント場はとても広く、またベースキャンプ地のようにして使用できるので、デビュー戦としてはもってこいでした。

さて、ようやくマイホーム内でごろごろです。持ってきた寝巻に着替えて横になる瞬間はマジでイッっちゃうところでした。

そして結局我慢ができず、サッポロビールに手をつける。これを飲んだ瞬間は、マジでイッってた

18:35。ビール飲み終わったら気付いたら寝てしまっていました。外の様子をうかがうとさっきよりもテントの数は気持ち増えている気がします。

陽が沈み始める中、遠くを見ていたら、少しだけ甲斐駒ケ岳っぽいシルエットが確認できました。翌日はあそこの山頂に無事に立てるのかわくわくです。

さっきカレー食べたばかりですが、食欲が抑えきれず、スープとエビピラフ。どちらもフリーズドライです。

この夜、長衛小屋ではシンガーソングライターのライブをやっていたようですが、野宿と移動と登山疲れによりおとなしく寝ることにして、この日は終了したのでありました。

 



初めて足を踏み入れた南アルプス。そして初めてのテント泊。そして2010年の富士山以来の3,000m峰。
いずれも新鮮な気持ちで取り組めたし、また新しいフィールドが広がったような気がしました。


テントって重いんだよなぁという話をよく聞きますが、ここならバス停から10分だけ歩けばテント場に到着できますので、重い荷物を背負って山に登る必要はありません。
テント泊デビューを考えている人にとっては、これ以上ない環境かもしれません。

 

翌日は甲斐駒ケ岳に登ります。

map.erokuma.pink


南アルプスの女王、仙丈ケ岳。ありがとう。

 

仙丈ケ岳の本当の地図はこちら↓

山と高原地図 北岳・甲斐駒 2017 (登山地図 | マップル)

山と高原地図 北岳・甲斐駒 2017 (登山地図 | マップル)