Season Map

季節を追いかけたエピソードを綴っています

【岩木山】青森県最高峰にして本州最北端の日本百名山、雲海と紅葉のコラボレーションを楽しむ山旅


2015年9月21日(月)
岩木山(いわきさん)に登ってきました。標高は1,625mあります。
津軽平野の中心に堂々とした風格をもって聳えているため、津軽富士と呼ばれています。

弘前から近く、アクセスも容易です。今回は岩木山スカイラインを利用してバスで向かいました。
下山後には青森で話題の味噌カレー牛乳ラーメンを食べて、青森遠征を締めくくりました。
それでは、登山とグルメの記録をどうぞ。

前日に登った八甲田山の記録はこちらからどうぞ。

map.erokuma.pink

9月21日(月)

弘前で過ごす3日目。最終日となるこの日、岩木山スカイラインに乗車するために、再び弘前バスターミナルに向かいました。

ザックに括りつけたステッキも本日も健在です。

バスターミナルでスカイラインの往復乗車券を購入します。これで、弘前駅から岩木山の登山口まで往復できます。ちなみに値段は往復で2,500円程度だったと思います。安い!

www.konanbus.com


バスの窓から岩木山の裾野が見えました。なんだか頂上付近にイヤーな雲がかかっています。。前日の八甲田山で苦虫を噛まされたので、今日という今日は晴れてほしいものです。

岩木山はマップで言うと、左側にあります。

ちなみに岩木山登山口までは、道路がくねくねしているので、車酔いに注意です。

バスの窓から岩木山の全貌を捉えました。少しずつ雲が動き始めました。なんとか取り払われてほしいものです。

海が見えます。位置的には日本海でしょうね。雲がなければ山頂からも見えそうです。

バスが登山口について、トイレなどを済ませてから、9時。アタック開始です。

ちなみに岩木山はロープウェイもあり、9合目あたりまで運んでくれます。僕らは登りは使わず、帰りだけ使うことにしました。

前日の八甲田山よりは明らかに天気は上向いています。はやく展望が開けるところまで行きたいです。

おぉ?!いい具合の色づき具合です。なんとなーく安達太良に雰囲気は似ています。

雲は依然同じ高さでうようよしていますので、追い越されないように競争ですね。

20分程度登ると、視界が開けたポイントに到着しました。

青空や。。嬉しい。!!あと1時間程度持ってくれたらなお嬉しいですね。

ゴツゴツした岩肌も間近で眺めることができます。

9:41。ロープウェイの9合目付近に到着と同時に、ガスに覆われました。とことんついてないぜ。。

と思ったらカラっと晴れたり。。これは山頂でしばらく待てば晴れるパターンだなと思って、頑張って登っていきます。しかし、すごい人!!岩木山の人気がうかがえます。

振り返れば裾野付近を漂っている雲がプカプカと移動していました。

なんだか普段は味わうことのない、不思議な風景でした。平野にドカーンと立っている山だからこそ、高度感もあります。

老若男女を問わず、愛されている地元の山という感じがしました。ロープウェイを使えば、40分程度で山頂に立ててしまうのも魅力なんでしょうね。

振り返ると、ロープウェイの駅が見えました。あれに乗って帰る場合、登り返しがあることに注意です。

もう少しで雲が消えそうなんだがなぁ。。相変わらずうようよと粘り強く張り付いています。

山頂はもうすぐそこ。山肌が秋色に変わっています。

まだ10時前だというのに、下山をしてくる人もたくさんいます。シルバーウィークのど真ん中ですし、ちょうど色づき始めた時期です。登山っぽい格好ではない方もたくさんいらっしゃいました。

山頂直下は比較的急登ですし、ガレ場もありますので、やはり登山靴程度は履いておいた方がよろしいかと思います。

俄然雲は多いですが、少しだけ雲より上まで来ることができました。山頂まで間に合うかな。。

山頂っぽい雰囲気に変わってきました。

この3日間で一番晴れた日なので、自然とゆきんこ氏のカメラも捗ります。

10:03。岩木山登頂。登山開始から1時間で着いてしまいました。ロープウェイ使えばもっと早くつけると思います。

残念ながら日本海は見渡せそうにありませんが、それでもこの天気で大満足です。やっぱりお天気は大事だなぁ。

青森県最高峰に立つことのできた快感。鐘がありましたが、人がうじゃうじゃいたので恥ずかしくて鳴らせませんでした。

波打つ雲海と、山羊の顔みたいな上層雲。あと100m雲海が高かったらアウトでしたね。

りんごを頭に乗せて、青森を味わう。景色が見れなかったのは残念ですが、これはこれで美しいです。そして雲が近いせいか、高度感が半端ではないです。

1時間程度山頂でゆっくりと休憩をしつつ、ランチを食べましたが、雲が増えてきてしまったので、紅葉をちらほらと見ながら下山することに。

もう僕の頭の中は「味噌カレー牛乳ラーメン」でいっぱいなので、一目散に下山をしてきました。そしてロープウェイ乗り場から振り返った岩木山。あまり滞在できなかったのが悔やまれますが、また季節を変えて遊びに来たいと思います。

ロープウェイに乗って、バス乗り場(8合目)まで下山します。ショートカットは楽ちんだなぁ。

岩木山バイバイ。また来るよ。

嶽温泉でバスの乗り換えをします。その間、売店をうろつきます。

「嶽きみ」という弘前で栽培されているブランドとうもろこしを発見。一本買って食べてみたら、とても甘くて引き締まった美味しさがありました。

こんなポスターも発見しました。岩木山で夕日と星空を楽しむイベントのようです。楽しそうだなぁ。

ということで、この日は運転する予定がないので、ビールで乾杯。サッポロがなかったのは残念でした。

岩木山の山ぐり。800円が高いか安いかはわかりませんが、とてつもない量が入っています。また焼いて栗駒山にでも持って行こうかな。

嶽温泉は今回は時間的に入れませんでしたが、今度こそ岩木山とセットにして楽しんでみたいですね。

13:45。バスに乗って弘前駅まで戻ってきました。ここからは電車の移動です。味噌カレー牛乳ラーメンを食べるために、青森駅まで移動します。

14:56。味の札幌大西。もうお昼時は過ぎているというのに、行列が出来ていました。ちなみに1日目に訪れたのっけ丼の近くにあります。

食べログ3.52という驚異的なスコアです。

お店に到着して30分程度でようやくありつけました。味噌カレー牛乳ラーメン
食べてみた感想としては、どれかが主張しすぎると一気にバランスが崩れてしまいそうですが、絶妙なバランスで支えあっていて、マイルドでとても美味しいです。麺ももちもちしていてベストマッチしていました。青森のソウルフードなので、ぜひ食べてみてください。

帰りは新青森から新幹線で帰るため新青森へ電車に乗って移動します。

まだ下山後にお風呂に入っていなかったので、あおもり健康ランドまで歩いて向かいました。15分ぐらいかな。いわゆる24時間営業のスーパー銭湯なので、仮眠などもできます。僕らは新幹線の時間までゆっくり過ごした後、青森を後にしたのでした。

 

 

3日間に渡って青森県を楽しんでみました。
幼少期には十和田湖や奥入瀬も行ったことがあるのですが、大人になった今、改めてゆっくりと訪れてみたいとも思いました。青森、とてもいいところです。

岩木山はコースタイムが短かった分、写真も少なかったので、今度は違うコースを使用して、じっくりと味わってみたいと思いました。


岩木山、ありがとう。

岩木山の本当の地図はこちら↓

山と高原地図 八甲田・岩木山 白神岳・十和田湖 2017 (登山地図 | マップル)

山と高原地図 八甲田・岩木山 白神岳・十和田湖 2017 (登山地図 | マップル)