読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Season Map

季節を追いかけたエピソードを綴っています

【北アルプス】薬師岳~黒部五郎岳~三俣蓮華岳~笠ヶ岳の秋のど真ん中を、4泊5日のテント泊装備で歩く山旅【まとめ】


2015年9月23日(水)~27日(日)
北アルプス4泊5日(テント泊)で縦走してきました。
長く、辛く、苦しめられた旅でしたが、非常に味わい深い山旅になりました。
本記事では、まとめとして5日間のハイライトをお送りいたします。
改めて前編・中編・後編の3記事でお届けするつもりです。


5日間の行程はこのように組みました。
①折立~薬師峠テント場
②薬師峠テント場~三俣山荘テント場
③三俣山荘テント場~雲ノ平周回~三俣山荘テント場
④三俣山荘テント場~笠ヶ岳テント場
⑤笠ヶ岳テント場~新穂高温泉

それではどうぞ。

9月23日(水)~1日目

この日は折立登山口から薬師峠まで歩きます。

テント泊デビューしたのは、つい1か月半前の仙丈ケ岳甲斐駒ケ岳です。テントと5日分の食料の重みが、ギシギシと肩にめり込んできました。

薬師峠に到着したのは12時半でした。テント内に荷物をデポって、薬師岳までピストンをしました。

薬師岳までの道のりはガスガスの絶望でしたが、まさか山頂に着くタイミングでガスが晴れるプレゼント付きでした。

薬師岳から帰るときに見た錦秋の景色に惚れ惚れしたのを今でも覚えています。
初日はなんとか好スタートを切れたものの、残り4日も歩けるか不安な夜だったのを覚えています。

 

9月24日(木)~2日目

この日は薬師峠から三俣山荘まで歩きます。

下界で見た時の天気予報ではこの日までは晴れ予報でしたが、まさかの雨予報に変わってしまいました。

とりあえず豪雨になれば黒部五郎小屋に泊まることにすればよいと思い、まずは黒部五郎岳を目指します。

黒部五郎岳までの道のりは、前日までの薬師岳ピストンの疲れが残っていたせいか、ギアが上がらず苦しかったです。

しかしながら黒部五郎岳に到着するまでは雨は降らずにいてくれたのは幸いでした。

黒部五郎岳までは善戦しましたが、ピークを踏んでから小雨がパラパラと振り出してきました。

黒部五郎小屋に泊まるか悩みましたが、翌日の方が本降りとの情報を得たので、この日のうちに三俣山荘まで行ってしまうことに。
雨の中、70Lザックを背負って歩くのは、精神的にも肉体的にも限界に近い状態でした。三俣山荘が見えた時は、本当に安心しました。当然、テントは張らずに小屋泊(素泊まり)にしました。

 

9月25日(金)~3日目

三俣山荘スタッフによれば、この日は終日雨予報。

本来であれば荷物は三俣山荘にデポって、雲ノ平周辺の散策と、高天原温泉への入浴、水晶岳・鷲羽岳を登ってみる予定でしたが、あえなく断念。

ザーザー降り続く雨を眺めながら、小屋で1日中停滞することに決断。

他にも小屋で停滞を決意した方もいましたので、談笑したり、一緒にお酒を飲んだり、お昼寝したり、身体を休めることに専念しました。
山荘の窓からは鷲羽岳がすぐに見えたので、登りに行けずに悔しかったですが、また来ようと強く思うのでした。

 

9月26日(土)~4日目


丸1日身体を休めたことで、元気が有り余る中、いよいよ北アルプス南部へ駆け始めます。

この旅で登れなかった鷲羽岳に悔しい想いを馳せながら、次回こそはあのピークを踏んでやると心に誓いました。

笠ヶ岳までの距離は遠かったけど、槍・穂のペアをこんなに近くで見て「こんなすごい山もあるんだなぁ」と思いました。

笠ヶ岳のおにぎり型を捉えた時は嬉しかったですが、このラスボス感は半端ではなかった。

笠ヶ岳山頂からの景色はほとんど雲海だったけど、翌日で下山できるという安心感からか、疲れがどっと吹き出してきて、テントで即落ちでした。

 

9月27日(日)~5日目

最終日は下山するだけですが、下山に使用するのは笠新道。

この笠新道は各所でも「鬼畜」と言われるほどの急勾配であります。テント泊装備+5日目という満身創痍の僕にとっては、この笠新道の選択は誤っていたかもしれません。何人もの人に追い抜かれました。

肉体、精神ともに根こそぎ剥ぎ取られ、倒れるギリギリで4時間戦い続け、足がガクガクプルプルの状態で生還したのでありました。

新穂高温泉の建物が見えた時の安堵感と言ったら、それは言葉では言い表せず、とにかく何よりも、5日ぶりのお風呂に入りたかったです。

お風呂に入ってからは、ご飯を食べて、アイスを食べて、お酒を飲んで、、とあらゆる欲望を爆発させたのでありました。



簡単に5日間を振り返ってみましたが、この旅で見れなかった景色、行けなかった場所もありますので、またいつの日か再訪したいなぁと思っています。

それでは、それぞれの詳細記事をお楽しみくださいませ。

アルプスの地図はこちら↓

山と高原地図 日本アルプス総図 2017 (登山地図 | マップル)

山と高原地図 日本アルプス総図 2017 (登山地図 | マップル)