Season Map

季節を追いかけたエピソードを綴っています

【しまなみ海道】ぼくのはるやすみ2017~サイクリング初心者がママチャリでしまなみ海道を走ってみた旅~【準備編】


2017年3月18日(土)~20日(月)

しまなみ海道を旅してきました。
本記事では2泊3日の旅のうち、1日目と2日目のサイクリング記録を準備編としてお送りいたします。

しまなみ海道とは?

広島県尾道市愛媛県今治市を結ぶ道路です。瀬戸内海には数多くの島が浮かんでいますが、島同士には大きな橋が架けられていて、瀬戸内海を一望できる素晴らしい道路です。

地図でいうとこんな感じです。距離にして約70㎞。日本で初めて海峡を横断できる自転車道として知られており、サイクリストの聖地として人気スポットです。

ちなみに僕は、自転車経験は皆無。もちろん日常生活において買い物などで乗ることはありますが、その時はママチャリ。

小学校時代にマウンテンバイクを買ってもらったこともなく、小中高大そして社会人に至るまでずっとママチャリ一筋の僕ですが、しまなみ海道は死ぬまでには一度走ってみたいと思っていました。

スポーツで継続的に続けているのは月1~2回の登山のみ。どちらかというと体力はない部類の人間ですが、ママチャリで走り切ることはできるのか、チャレンジしに行ってみました。

ルートは?

僕は愛媛県の今治市から北上するかたちで広島県尾道市を目指すことにしました。理由は3日目に広島観光をしたかったからです。

1日目は東京から愛媛松山まで飛行機で向かい、そこから更に今治へと移動するため、スタートがほぼお昼近くになります。
したがって1日目でサイクリングに費やせる時間は午後しかありませんので、あまり移動はできないと思い、20㎞程度にとどめておきました。


島にはこじんまりとした民宿がたくさんありますので、自分の体力に合わせて事前に予約をしておく必要があります。
2日目は丸一日費やせますので50㎞を頑張って走り切ります。民宿を朝9時前に出発して、夕方17時ころまでに広島県尾道に到着すればいいなぁという計画です。

自転車はどうするの?


レンタサイクル
を利用しました。
しまなみ海道公営のレンタサイクルターミナルが、サイクリングロード上に点在しています。

サイクリングの起点となる愛媛県今治や、広島県尾道にもありますし、やはりこの2拠点は見た感じ自転車の在庫も多いです。

予約もできますが、在庫の3割程度しか予約枠は設けられていませんので、かなり早めの予約が必要かと思います。残りの7割は当日レンタル用に確保してあるようです。
広島県側のターミナル(ネット予約可能)

愛媛県側のターミナル(ネット予約不可、電話のみ)


料金は1日1,000円、乗り捨ても1,000円です。僕は1泊2日で乗り捨てするので、3,000円かかりました。

自転車は何の種類を、どこで借りたの?


ママチャリ
を借りました。僕は2週間前に電話予約したのですが、既に予約枠が埋まっていたため当日枠に賭けることになりました。
ただ、サンライズ糸山はサイクリングスタート地点となっているため、3連休初日の昼時まで当日枠が余っているかは不安でした。
ない頭を振り絞って考えた結果、今治駅前のターミナルで借りることにしました。位置関係はこんな感じになります。

今治駅から糸山まで約7㎞ぐらい距離がありますが、その7㎞を走っていく気力があるならば、今治駅で借りた方が当日枠の空きは安全かと思います。だって遠いからみんなわざわざこっちまで借りに来ないですもん。

僕が今治に着いたお昼頃には、クロスバイクは全て出払っていましたが、ママチャリは空いていました。というかクロスバイクなんて買ったことも乗ったことないし、ママチャリの乗り方しか知らないので、むしろママチャリしか空いていなくてラッキーでした。

借りた後、糸山まで7㎞走って向かったのですが、糸山はなんと当日枠も全て出払っていました。直前まで糸山で借りるつもりだったのですが、電車の中で「やはり今治で借りよう」と決断して正解でした。待ちぼうけ回避することができて良かったです。
もし糸山で借りれなかった場合には「隣の島まで歩いてそこで借りる」等もできなくはないと思います。

1日で完走することはできるの?


これは僕の個人的な感想ですが、普段運動していない僕のような人で、サイクリングの経験がない人は、1日で完走するのは難しいんじゃないかと思います。
電動アシスト自転車を借りればできるかもしれませんが、電動自転車は乗り捨てが出来ないルールなので、返しに来ることを考えるとやはり非現実的です。
もちろんクロスバイクを借りればまた違うのかもしれませんが、ママチャリを借りるなら1泊2日前提で考えた方がよさそうです。
正直、疲れすぎてて観光とか全くする気になれなかったので、観光も充実させたい場合には2泊3日まで視野に入れた方がよさそうです。

ということで、順を追ってサイクリングの記録を写真とともにご覧ください。

3月18日(土)

成田空港からジェットスターに乗って松山空港に向いました。

松山空港にはお遍路さんの更衣室とサイクリストの更衣室が整備されていました。すごい根付いていますね。

サイクリングの途中のおやつとしてみかんを購入。

松山空港からバスに乗って松山駅へ移動します。

当初は糸山に直接向かう予定だったので、糸山の最寄りである「波止浜駅」までの切符しか買っていませんでしたが、上記のとおり勘が冴え、一つ先の今治駅まで行くことに。


だから100円追加で窓口清算しました。

11:46。今治駅のレンタサイクルターミナルで無事にママチャリをゲット。

糸山までの約7kmを走りきり、12:40にサンライズ糸山に到着。この時点でサンライズ糸山の自転車は在庫切れ。危なかった。

大きな橋を渡ると、いよいよ1泊2日のサイクリングの旅が始まります。1つ目の島である大島に上陸。

途中の道の駅で遅めのランチを食べます。既にこの時点でお尻は崩壊

そうなんです、サイクリングってお尻との戦いだと思います。たぶん自転車をスポーツとして好まれている方は、尻パットみたいなのを挟んでいると思うんですが、僕は当然そんなもの持っていません。ただ、事前リサーチ段階でお尻が痛くなるという情報は得ていたので、タオルを2枚持っていてズボンの下に挟んでいたのですが、全く効果はありませんでした。
お尻というか「蟻の門渡り」と言ったらわかりますかね?とにかく痛いです。
(蟻の門渡りが分からない方は、ググってみてください笑)

大島の最大の難所「宮窪峠」。超キツかった。。

登山とは違うキツさだったから、体力のコントロールが全く上手くできなかった。

ちょいちょいみかん休憩は挟んでいます。

宮窪のレンタサイクルは在庫たくさんありました。やはり一般的には起点となるターミナルで借りるので、道中にあるターミナルで借りる人っていないから空いていますよね。

民宿千和にお世話になりました。

 

3月19日(日)

朝9時前に民宿を出発します。プロっぽい方々が向かい側からたくさん走ってきます。

上空には橋がかけられています。ド迫力ですが、この橋を渡るためには坂道を登らねばならず、これが毎回ツライ

登り終えれば、また一つ達成感で次の島へ向かうことが出来ます。

2つ目の島は伯方島。伯方の塩で有名ですよね。

塩ソフトを頂きました。

もうすでにお尻がやばすぎてリタイアしたいぐらいなのに、まだ半分も来ていないという事実に驚愕した瞬間。

今回の道中で最もにぎわいを見せていた島の一つ、3つ目の島である大三島(おおみとう)に到着。もはや限界なんですけど。

塩バターどら焼きでエネルギー補給。ちなみにここは道の駅「多々羅しまなみ公園」は売店も充実していて、みかんが大量に売られていました。


大三島は観光の見どころがたくさんあるのですが、お尻が痛すぎてそんな余力はないため、さっさと次の島に行く事に。

4つ目の島「生口島(いくちじま)」。レモンアイランドと呼ばれているようです。

急に南国風な感じに。

今回食べたかった「はっさく大福」をゲット。めちゃうま。

この日のランチは生口島にて。海産物もいいんだけど、そろそろ肉が食いたくなってきた。。広島に着いたらソッコーでお好み焼きを食べる決意をしました。

ランチ後「耕三寺」をブラブラしていたら、桜発見。春やねぇ。

食後のデザートは「ドルチェ」にてジェラート。

超人気店です。

5つ目の島は因島(いんのしま)。もう疲れすぎて自転車を漕ぐ気力が沸いてきません。

しかし尾道まで20㎞を切ったことを知り、なんとか自分を奮い立たせます。お尻頑張れ。

最後の6つ目の島は向島(むかいしま)

あと9km。はやく尾道に着かないかな。。お尻がもはや取れそうです。。

最後らへんはみかん休憩ばっかりしてました。

だらだら走り続けてなんとか尾道ターミナルへの渡し船ポイントまで到着。

ちなみに尾道⇔向島を結ぶ橋も設けられているのですが、自転車が通れるスペースは狭く危ないようです。尾道⇔向島の移動は渡し船(フェリー)を使うように推奨されています。

尾道のターミナルへお世話になったママチャリを返却し、1泊2日のお尻が痛かった旅が終了しました。ちなみに、尾道のターミナルは、3/18(土)も3/19(日)も、朝8時にはすべて出払ってしまったようです。(ターミナルのおっちゃん談)

ちなみにこの後、広島駅まで移動してお好み焼きをたらふく食べました。やっぱ肉はうめぇ。

 

僕のような素人でもなんとか走り切ることができました。しかもママチャリで
出来ないことはないかと思いますが、すげー辛かったので、今度行くときは2泊3日にするか、クロスバイクなるものを借りて行ってみようかと思います。

各日の詳細記録は、こちら↓

1日目

map.erokuma.pink

2日目

map.erokuma.pink

おまけ

サイクリングの翌日は、宮島観光をしてきました。



こちらも後日記事を書かせていただきますので、お暇であればぜひ。

 

参考になったガイドブックはこちら↓

るるぶ瀬戸内海 しまなみ海道 (国内シリーズ)

るるぶ瀬戸内海 しまなみ海道 (国内シリーズ)

 

 

まっぷる 広島・宮島 尾道・呉・しまなみ海道 '18 (まっぷるマガジン)

まっぷる 広島・宮島 尾道・呉・しまなみ海道 '18 (まっぷるマガジン)