読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Season Map

季節を追いかけたエピソードを綴っています

【しまなみ海道】ぼくのはるやすみ2017~サイクリング初心者がママチャリでしまなみ海道を走ってみた旅~【広島/宮島観光編】


2017年3月18日(土)~20日(月)

しまなみ海道を旅してきました。
今まで自転車やサイクリングの経験はなく、ちょっとした買い物に乗る程度の僕が、しまなみ海道を走ってみたいという思いで旅立った記録です。
既にしまなみ海道に関する記事は以下3記事にて書いてあります。

準備編はこちら↓


走破編1日目はこちら↓


走破編2日目はこちら↓


本記事では最終日の広島観光編をお届けいたします。

3月20日(月)


復習ですが、2泊3日の旅のうち、1日目と2日目はしまなみ海道を自転車で走破しました。3日目は③と書かれているルートで観光をします。広島を起点に宮島へ行き、弥山へ登って、再び広島に戻ってきて広島空港へ行き、東京へ戻るプランです。

広島駅から7:50発の電車に乗って、宮島口駅まで向かいます。

料金は片道410円。

8:23。宮島口駅に到着。宮島口駅からフェリー乗り場までは徒歩5分ぐらいです。


写真右に見えているJRフェリーという方に乗ります。

15分間隔でフェリーが運航されているのでそこまで焦る必要はありませんが、たまたま出発直前のフェリーが止まっていたのでダッシュしたらギリギリ間に合いました。朝から疲れました。。

フェリーの料金は片道180円。ちなみに僕は電車とフェリーのチケットを別々に買ってしまいましたが、広島駅の自動券売機でセットにして買うこともできます。バラバラで買ってもセットで買っても料金は同じ(片道590円)ですが、セットの方が効率的にフェリーに乗れると思います。

ちなみにJRフェリーともう一つのフェリー会社があるようです。

本日も見事な霞っぷりです。晴れているのに青空は見えない。

厳島神社
の鳥居が見えてきました。潮が引いているため、鳥居の近くまで行くことができます。

フェリーの降り口には、到着を待ちわびる列が出来ていましたので、僕も並びました。

8:42。宮島桟橋に到着。

まだ早朝だというのに観光客がたくさんいます。案内板に従って厳島神社の方に歩いて行ってみることにします。

日本三景。ほかの2つを知らないんですが、松島(宮城)と天橋立(京都)のようですね。ちなみに日本三名山は富士山立山、白山です。白山には今年登りに行きたいところ。

鹿がうようよしています。なにか食べ物をもらおうと人のそばに寄ってきます。


でも食べ物を持っていないことが分かるとすぐに離れて行ってしまいます。

団体客に果敢に攻め込む鹿。鹿たちは分け与えられる食べ物だけで生活しているんでしょうか。

眠っている鹿。人間にも朝食を食べる気にならない人っていますけど、この鹿もそんな感じかな。出勤ギリギリまで寝ていたい鹿みたいな。

こんだけギリギリに近づいても起きる気配はありませんでした。


立派な鳥居です。厳島神社という名前、それからこの鳥居の存在は知っていましたが、ようやく見に来ることが出来ました。

この日の満潮は13:40前後なので、じわじわと潮位が上がってきます。

こちらの厳島神社方面まではまだ潮位も満ちておらず、地面が見えている状態でした。

満潮の時間帯に改めて来る作戦ですが、朝の人が少ない時間帯のうちに、一通り中を見ておくことに。

入場料は300円です。このチケットがあれば再入場できるので、なくさないようにしてください。


赤で統一され、朝の冷えた空気が凛とした雰囲気を盛り上げます。


足元は整備され通路も比較的広めに作られています。

でもやっぱり写真に撮ってしまうのは、この鳥居です。さっきよりも海水がこっちまで浸っているように思います。

明らかに浮いている登山ウェア軍団。なんか雰囲気ぶち壊しですみません。

お守りも数多く売られています。

結ばれたおみくじ。

一通り内部の造りを把握できたので、満潮になるまでに別の場所に観光しに行くことに。

弥山(みせん)登山
です。

ロープウェイもあるのですが、せっかく来たからには登ってみたいと思い、大聖院コースで弥山山頂を目指します。帰りはロープウェイを使います。

こんな感じのルートで歩く計画です。

最初は普通の住宅街の中の道路を歩いていきますが、標識は細かく建てられているので迷うことはないかと思います。

大聖院へ向かう道。ビビットなのぼりが印象的な階段です。

朝の時間帯なので手すりはひんやりとしていました。

ひぇっ。。
色違いの帽子をかぶったお地蔵様がたくさん。なんかちょっと怖い。


鳴らせるものは鳴らしていくスタイル。おひとりさま1回までなので、渾身の一打を打ち込みました。


弥山はゆっくり歩いて、心で感じる山。前日までの80㎞のサイクリングで疲弊しきっているので、ゆっくり歩くことしかできないから、指示を守れそうです。

9:33。アタック開始です。山頂まで2.5kmです。

約1時間半のコースタイムの模様。ちなみに今回は登山靴ではなく、普通のランニングシューズで登山しました。


石段であったり、舗装道であったり、かなり整備されているので登山靴でなくても大丈夫そうです。

そして途中の見どころと言えば、白糸の滝ぐらい。でもこの滝もちょろちょろ流れているだけなので、特に見る必要はないのかもしれません。


この滝以降は、景色は変わらず、ずっと階段登山です。

途中、振り返れば鳥居が見えました。潮位がだいぶ満ちてきたようですね。近くまで歩いていけなくなっていました。

見どころは正直あまりありません。人が少ないので、ゆっくりまったり自然を感じることはできます。途中の東屋で昨日に引き続きみかん休憩。

ゆきんこ氏も3日間の疲労が溜まっているようで、ぼーっと心ここにあらずな状態で歩いていました。

10:49。出発から1時間20分で仁王門に到着。ここまで来ると少し雰囲気が変わってきて、山頂がもうすぐであることが分かります。

あと600mで山頂です。


2日間のサイクリングと弥山登山により身体を追い込んでいきます。3日目はゆっくり観光するはずががあぁ。。

ゆきんこ氏を先頭にガンガン歩いていきます。ゆきんこ氏は宮島には2回目の上陸のようですが、弥山は初めて来たそうです。僕はどっちも初めて。

中には登山靴&ストックのフル装備で登っている方もいらっしゃいました。何事も備えあれば憂いなしですからね。

逆に普通のトレンチコートで登っている女性もいるぐらいですから、弥山は「来るもの拒まず」の器の大きい山であることが証明されました(?)。

干満岩
。「岩穴の水は、満潮のときに溢れ、干潮の時には乾く。不思議な穴で、水は塩分を含んでいる。」と書いてあります。

今は満潮へ向かう時間帯なので、これからどんどん水があふれてくるのでしょうか。弥山七不思議の一つのようです。どなたか真実を確かめてみてください。

山頂の展望デッキが見えてきました。

足元がずっと石畳の階段だったので、結構足にキました。。


瀬戸内海の展望はぎりぎり見えるぐらいですね。春霞がとんでもない勢力です。

展望デッキにはきれいなトイレも完備してあります。

展望デッキは広く、ここでランチを食べることが出来ます。

展望デッキから見る山頂。大聖院コースではすれ違った人は2人ぐらいだったのですが、こんなに人がいるということはほとんどの人はロープウェイで上がってきたんでしょうね。

弥山登頂。
記念にパシャリ。

12:04。ということで満潮の時間まであと1時間半なので、ロープウェイ方面へ下山を開始します。

実は山頂⇔ロープウェイ間も30~40分ぐらいは歩きます。でも整備されているので問題ありません。

ロープウェイ駅が見えてきました。

海外からも人気の弥山。いかついグラサンカップルに怯えるゆきんこ氏。

12:30。ロープウェイ駅到着。

正確には獅子岩駅と言うみたいです。

相変らずの曇天模様ですが、ロープウェイでここまで来れるなら、山頂まで行く必要はないかもしれませんね。晴れてたら気持ちいだろうなぁ。

ということで、下山は1,000円支払ってロープウェイでショートカットします。

1台では乗り切れず次のロープウェイまで待ちましたが5分ぐらいで来てくれました。

ちなみに1本のロープウェイでは下り切れず2本目に乗り継ぎをする必要があります。

2台目はさっきよりも小ぶりになって、座れるタイプでした。

高度感が意外にあって怖かったですが、進むスピードはゆっくりなのでいつの間にか寝てしまっていました。

下まで降りてきたら鹿がお出迎え。「なんか食べ物くれよ」



出店が立ち並ぶエリアです。ここで小腹を満たすのもアリですが、食べたいものがあったのでパスしました。

しかし一つだけ目に止まったものがありました。「世界で2番目においしい焼きたてメロンパンアイス」

メロンパンは美味しかったんだけど、アイスは市販されている普通のアイスをただ掬って挟んだだけなので、アイスはイマイチでした。パンは美味しかった!

そして見つけました。食べたいもの。

そう、焼き牡蠣です。広島と言えば牡蠣ですよね。

プリップリでアツアツの牡蠣に、ポン酢とレモンをかけて食べる牡蠣。美味しくないわけがありません。ビールが飲みたくなること必至。

牡蠣で小腹を満たした後は、満潮のタイミングに合わせて再び厳島神社観光。午前中よりも人が明らかに増えています。

神社の下まで潮が満ちています。水面にシルエットが浮かぶので、水があった方が風情がありますね。

そして、満潮時の鳥居。やっぱりこれが厳島神社の鳥居って感じがしますね。

干潮時と比べると一目瞭然ですね。

ちなみに満潮時は写真を撮ろうと思うと結構人が並んでいますので、早めに並んでおいた方がよいかと思います。

満潮×鳥居をゲットした後は、さらに食べ歩きに向かいます。まずはもみじまんじゅう

焼きたてのもみじまんじゅうをばら売りしてくれていますので、こしあんとつぶあん両方買いました。

僕は普段こしあんの方を好んで食べるのですが、もみじまんじゅうに関してはつぶあんの方が美味しいなぁと思いました。

「そのもみじまんじゅう俺にくれよ」


焼き牡蠣(2回目)
。さっき食べた牡蠣がうますぎて我慢できませんでした。何回食ってもうまい。旨すぎて「当たったっていいや」と思いました。

14:30。フェリー乗り場からどんどん人が歩いてきて、人でごったかえす時間帯に入ってきました。

鳥居付近でカヌーを興じる人たち。なんかシュールですね。

もみじまんじゅう屋さんがたくさん並んでいます。どこのお店でも試食をさせてもらえたりするので、自分の好みにあったお店を探しているうちにお腹がいっぱいになってしまいそうです。

ねり天
。少し油がしつこかった記憶がありますが、かなりボリュームがあって、1本は簡単に食べきれます。2本はちときついかな。

「そのねり天、俺にもくれよ」


焼き牡蠣(3回目)
。もうそろそろ宮島ともおさらばしなければいけない時間になってきたので、最後の最後にダメ押しの牡蠣を食べました。大変おいしゅうございました。

もみじまんじゅう、メロンパン、牡蠣3皿、ねり天、と食べ歩いてきましたが、やはり最後は。

もみじまんじゅう
です。お土産にもぴったりですからね。店内でお茶を頂きながらもみじまんじゅうで宮島観光を締めました。

15:30。あれだけいた人が一気に少なくなりました。3連休の最終日感が出ています。

船に乗り込んで、宮島に別れを告げ、再び宮島口駅から広島駅へ戻ります。


広島駅からは空港行のバスに乗り込みます。駅構内にサッポロビールが売っていなくて、仕方なくアサヒで我慢。

17:44。広島空港着。飛行機は19:30出発なので時間はかなりあります。

ということで、ダメ押しのグルメとしてお好み焼き(2回目)を食べることに。

前日はいっちゃんというお店で食べましたが、この日はみっちゃんというお店で食べることに。


ねっとりとしたおたふくソースがお好み焼きの味を引き立ててくれました。もう広島に思い残すことはない、そう思って売店をうろついていると。

まさかドルチェのジェラートが売っているとは。。買わないわけがなく、最後の最後にデザートを食べて旅を締めくくったのでした。


帰りは春秋航空で成田空港まで向かいます。

21:20。成田空港に到着。3日間ぎゅうぎゅうに詰め込んで行動していたため、体力が限界に達していましたが、なんとか自宅まで這って帰り、片付けもせずに即落ちしたのでした。

 


3日目の広島観光、いかがだったでしょうか。
広島観光というよりはむしろ宮島観光と言った方がふさわしいかもしれません。
難点は広島空港が市街地からかなり離れているので、その点計算に入れておかないと、あまり観光できないってことになるので注意が必要かもしれません。


昨年のこの時期は3泊4日で九州を訪れて、そして今年は愛媛と広島でしたが、やはり初上陸の地は新たな発見がたくさんあって楽しいですね。
これだから旅はやめられません。とても良い春休みになりました。


これから少しずつ暖かくなってくると、いよいよ登山シーズンが始まります。
梅が咲いて、桜が咲いて、ツツジが咲いて、梅雨がやってきて、高山植物が咲いて、夏山シーズンがやってきて、気付いたら紅葉シーズン。

今年はどんな山旅に出会えるか楽しみです。


ぼくのはるやすみ2017、おわり。

 

参考にしたガイドブックはこちら↓

まっぷる 広島・宮島 尾道・呉・しまなみ海道 '18 (まっぷるマガジン)

まっぷる 広島・宮島 尾道・呉・しまなみ海道 '18 (まっぷるマガジン)