Season Map

季節を追いかけたエピソードを綴っています

【愛鷹山】愛鷹連山の最高峰の越前岳、特急列車に乗って駿河湾と富士山を同時に楽しむ2017年の登り納めの山旅


2017年12月30日(土)

愛鷹山(あしたかやま)に登ってきました。標高は1,504mです。

愛鷹山というのはあくまで愛鷹連山の総称であり、今回登ってきたのはその最高峰である越前岳です。

2017年の登り納めを飾るべく、富士山を見ようということで静岡まで山登りに行ってきました。

間近で眺める富士山の大展望の旅、はじまりです。

 愛鷹山までのアクセス

12月30日(土)

6:31‐‐‐。新宿駅なう。2017年の登り納めは新宿からスタートします。


御殿場行(6:45発)の特急列車「あさぎり1号」で御殿場まで運んでもらいます。

ちなみにこの特急「あさぎり」は、2018年3月から特急「ふじさん」に改名されています。

今回の同行者は酔狂人ゆきんこ氏です。2017年はゆきんこ氏と7回一緒に登りました。

こちらが小田急特急ロマンスカーの「あさぎり号」です。少し古めかしい色合いです。

早速乗り込みます。

車内はシックな感じ。足元はふかふかの絨毯生地で、なんだか心地が良い。

今回は年末登山ということで、年末感を出すためになんとなくダルマも連れてきました。

朝ご飯は特急電車の中で頂きます。お湯はサーモスに入れて持ってきたので、あったかいご飯も食べることが出来ました。

こちらが「あさぎり号」の切符。「あさぎり号」はロマンスカーの中でも特質な路線で、新宿駅~松田駅までは小田急が管轄で、松田駅~御殿場駅まではJR東海管轄です。

詳細は割愛しますが、発券手順がややこしいので、事前によく調べたうえで対応した方がよさそうです。僕は小田急の新宿駅で、行きの分も帰りの分も発券しておきました。

8:22。御殿場駅に到着。乗車時間は2時間弱でした。

御殿場駅からバスに乗り込みます。目的地は愛鷹山登山口である「十里木(じゅうりぎ)」。

乗り込んでまずビックリしたのは、街の中から普通に富士山が見えること。

これが御殿場民は当然の景色なんでしょうね。僕らにとっては驚きの光景です。

ダルマもビックリ。

今日の登り納めがどうか上手くいきますように。

30分ほど走らせると、いよいよ富士山も間近に迫ってきました。

9:13。十里木バス停に到着。

このバス停には登山口はないため、10分程度歩く必要があります。

登山口に到着です。トイレもあります。

この日、とても冷え込んでいたため、水道に氷が張られていました。

 

登山口からすでにボーナスステージ

この日のコースマップはこんな感じ。全行程でも5時間程度なので、ほどよい日帰り登山です。

登山口の駐車場からは富士山がドーンと見えます。最初からご褒美満載です。

ただ、富士山に背を向けて登ることになるので、まっすぐ前を向いて登っているとつまらないです。

霜柱。さすがの年末の冷え込みに、大量生産されていました。

振り返れば富士山。すごいド迫力です。

こんな感じで、登っている最中は富士山を見ることはできませんが、振り返れば裾野を全て見渡せるボーナスステージです。

登り始めて15分程度で、展望台に到着。

ここの展望台は少し高台になっているので、見晴らしがよいです。

年末なのでしめ縄を背負って登っています。

愛鷹山(越前岳)の頂上までは標高差600mですが、序盤はなだらかです。後半はなかなか厳しい坂が待っています。

先ほどよりもきれいな霜柱を発見。

ススキと富士山。風流ですなぁ。

富士山に癒されながら、少しずつ歩を進めます。この日のコースタイムは5時間程度なので、ゆっくりで良いので気が楽です。

10:22。馬の背に到着。

馬の背までは50分程度で到着しました。ベンチも整備されていますので、休憩にはもってこいの場所かと思います。

馬の背から頂上までは約100分です。

登山道自体は特に見どころがないため、富士山だけが頼りです。富士山が見えない天気の日に登っても何も楽しくはなさそうです笑。

そして馬の背を過ぎたあたりから、徐々に斜度が増してきます。

登山前は寒くて厚着をしていたのですが、急登により汗をかきました。体温調整が煩わしいですね。

10:52。平坦地に到着。安直なネーミングなポイントです。

ごらんのとおり、確かに平坦地です。

ここからも富士山はバッチリです。ここから先、富士山の全貌を見れるところはしばらくないので、ここでしっかり目に焼き付けておくのがいいと思います。

さて、平坦地から山頂までは約50分です。

平坦地から先は、本格的な登山です。御正体山ぶりの登山だったので、我慢の急登でした。。

はぁはぁ。。約2か月ぶりなので、息が上がるのがとても早いです。。

ゆきんこ氏は北海道大雪山以来の登山なので僕よりも久しぶりですが、この日は調子よさそうでスイスイ登っていきました。

11:18。勢子辻分岐に到着。ここまでくれば、山頂まではあと10分です。コースタイムは甘めに見積もられていると思います。ということで。

 

山頂からは駿河湾と富士山のメインディッシュ

11:37。愛鷹山の最高峰である、越前岳登頂

山頂からは、駿河湾を一望できます。つまり海抜0m3,776mを同時に見渡すことができます。

三角点タッチ。

ダルマもご満悦です。

立ち止まると寒いので、早速お昼ごはんの準備をします。

持ってくるだけ持ってきて、ここでしか出番がなかった鏡餅。

この日のお昼ご飯はおでんです。温めるだけの簡単調理です。

湯気が出ている量から、寒さがなんとなくわかるかと思います。

おでんを食べ終わった汁を使って、蕎麦を茹でます。年越しそばです。なかなか美味でした。

12:26。ご飯も食べ終わって、寒さが半端ではなかったので、下山を開始します。

 

下山中の見どころは富士見台

下山道は、登ってきた道とは逆なので富士山が見えません。

しかしながら1か所だけ立派に見える場所があります。それが富士見台。頂上から15分程度で到着しました。

ドーン!!望遠レンズで撮影しています。

ここから見える富士山は、昭和13年に製造された50銭紙幣に採用された富士山の撮影場所のようです。見比べてみましょう。

これと。

これ。いかがでしょうかね。

ダルマもゆきんこ氏もご満悦。

富士見台を過ぎてしまうと、見どころのない樹林帯が1時間以上続きますので、さくさく下山します。

ゆきんこ氏は集中力が切れてきた模様。

13:27。下山を開始して約1時間。ちょうど中間地点と思われる鋸岳展望台に到着。

こんな感じの道が延々と続きますし、富士山も見えませんので、正直つまらないです。

この分岐を直進すれば黒岳にも登ることが出来ますが、路線バスの時間が迫っているため、この日はスルーして下山します。

途中、愛鷹山荘という無人小屋がありました。

ここを使う人ってどんなプランで愛鷹山に登りに来るのだろうか。。正直近づきがたいオーラを感じましたので、中を確認することはしませんでした。

14:29。下山口である、山神社に到着。下山開始してからちょうど2時間程度でした。

この山神社には駐車場(仮設トイレあり)もありますのでこちら側から登ることもできるんでしょうが、山頂までの見どころは富士見台しかありません。越前岳を目指すなら、

  1. 十里木~山頂のピストン
  2. 山神社→山頂→十里木の縦走

楽したいなら1番、縦走にこだわるなら2番の方がいいかなと思います。

駐車場からバス停までは舗装道を20分程度歩きます。

14:54。愛鷹山登山口バス停に到着。バスが来るまで20分。ぶるぶる震えながらバスを待ちました。。ダウンを着込んでも寒かった。。

15:14。待ちに待ったバスが来てくれました。。定刻通りで助かった。

 

ご飯を食べて新宿へ帰還

バスの中では寒さに震えながらも爆睡。御殿場駅に着いたらあまりに寒かったので、駅前の居酒屋に直行です。

帰りの「あさぎり号」の時間まで1時間半程度あり、なおかつ寒さで身体の芯まで冷えてしまったので、ご飯を食べて身体を暖めました。

ご飯を食べ終わる頃には、駅前のイルミネーションが輝いていました。

写真を撮っていたらあさぎり号の時間が迫ってきました。

新宿行の「あさぎり6号(17:56発)」に乗ります。

新宿駅で発見しておいたチケットで乗車し、19時30分過ぎには新宿に到着して帰宅したのでありました。

 

愛鷹山登山を終えて

天気にも恵まれて良い登り納めとなりました。

特に愛鷹山はコースタイムも5時間と短めで、しかも序盤からクライマックスなので、さくっと日帰り登山したい山には最高でした。

駿河湾、日本のトップ3776を同時に楽しむことのできる山。

愛鷹山にぜひ、足を運んでみてください。

 

愛鷹山、ありがとう!

 

愛鷹山の地図はこちら↓

山と高原地図 富士山 御坂・愛鷹山 2017 (登山地図 | マップル)

山と高原地図 富士山 御坂・愛鷹山 2017 (登山地図 | マップル)

 

 

分県登山ガイド 21 静岡県の山

分県登山ガイド 21 静岡県の山